HOME > 子宮頸がんについて

子宮頸がんについて

知っておきたい「子宮頸がん」のこと。

若い世代こそ注意したい〝子宮頸がん〟は、定期的な検診で予防できる

毎年約1万人が罹患し、およそ3000人が亡くなるといわれる子宮頸がん。原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)はSEXによって感染し、性体験の低年齢化から20代
〜30代を中心に、10代での発症者も増えています。子宮頸がんになると、命は助かっても出産を断念したり一生後遺症に苦しむなど、心身に大きな影響を及ぼすことがあります。

一方で、ほとんどの場合HPVは感染しても自然に排出され、がん化する確率は高くありません。定期的に検診を受けていれば、仮にがんを発症しても、早期発見と適切な処置により、以前と変わらない生活を送ることができるのです。予防できる〝がん〟なのに依然として低い検診受診率
  子宮頸がんの原因となるHPVは、女性の8割が生涯に一度は感染するといわれるほどのありふれたウイルスで、がんは年齢や性経験の多少とは関係なく発症します。検診を受ければ早期発見が可能ですが、現在の受診率は国の定めるがん検診の目標50%には程遠い状況。特に働く女性の職場での受診率の低さが問題になっています。また、40代の受診率に比べ、20代~30代は低いのが現状です。実は妊娠・出産を控えたこの世代こそが、子宮がん検診が重要な世代なのです。

子宮頸がん“ゼロ”に向けて
『検診受診率アップの取り組み』

働く女性の多い福井県ですが、職場の健康診断では女性特有のがん検診の受診率が低いことがわかっています。県では一人でも多くの女性に検診を受けてもらえるよう、取り組みを始めてます。

福井県の子宮がん検診制度

若い世代に増えている子宮頸がんを早期に発見するため、県ではさまざまな検診の機会を設けています。

働く女性のために

土日祝の集団検診を実施
平日は仕事で検診を受けられない女性のために、県内各地で土日祝日に集団検診を年29回実施します。勤務先の近くなど、居住地以外で受けることも可能です。
各市町で実施している女性特有のがん(乳がん、子宮頸がん)の土日祝の集団検診の回数を、全体で年間17回増やします。
また、個別検診機関でも土日祝日の検診日を増設し実施しています。

企業が検診を実施しやすいように

従業員の検診に助成金
事業者が新たに、女性特有のがん検診を実施した場合は、1受診につき2000円の助成を行います。

知っていますか? 子宮頸がん検診

子宮がんには子宮入り口にできる「頸がん」と奥の方にできる「体がん」があり、「子宮がん検診」は通常、頸がんの検診を指します。頸がんの多くは肉眼でも確認でき、どの医療機関でもガイドラインに沿った同じ検査が受けられます。
現在、20歳以上の女性に対し、2年に1度、市町から1000円で受診できる券が発行されています。これは、居住地の公民館などで実施する集団検診、43カ所の医療機関で受けられる個別検診(居住地外でも受診可)いずれにも使用できます。

詳しくは、お住まいの地域の保健センター・がん検診担当課にお問い合わせください。

福井市 福井市保健センター 0776-28-1256
敦賀市 敦賀市健康管理センター 0770-25-5311
小浜市 小浜市健康管理センター 0770-52-2222
大野市 大野市健康長寿課 0779-65-7333
勝山市 勝山市健康長寿課 0779-87-0888
鯖江市 鯖江市健康課 0778-52-1138
あわら市 あわら市健康長寿課 0776-73-8023
越前市 越前市健康増進課 0778-24-2221
坂井市 坂井市健康増進課 0776-50-3067
永平寺町 永平寺松岡保健センター 0776-61-0111
池田町 池田町保健福祉課 0778-44-8000
南越前町 南越前町保健福祉課 0778-47-8007
越前町 越前町健康保険課 0778-34-8710
美浜町 美浜町健康づくり課 0770-32-6713
高浜町 高浜町保健課 0770-72-2493
おおい町 おおい町保険医療課 0770-77-1155
若狭町 若狭町健康課 0770-62-2721

行政の取り組み

県では市町がん検診、職域がん検診を推奨しています。

市町がん検診

福井県は平成22年度、全国で初めて県内市町が実施するがん検診の料金を統一。県内どこの市町の医療機関でも居住地の役所が発行する受診券を使って、がん検診を受けることができます。

職域がん検診

事業所でも福利厚生の一環として、子宮がんをはじめとするがん検診を行っています。

医師の取り組み

組織統合の新体制で新たな試み

福井県では2011年7月に、研究・教育活動に熱心な日本産婦人科学会福井地方部会と、生涯研修や医療行政の窓口役を担ってきた日本産婦人科医会県支部の2つの組織が統合し、福井県産婦人科医師連合が誕生しました。全国に先駆けた意欲的な取り組みで、県産婦人科医師連合では県内産婦人科医師が一丸となって組織の特性を生かしつつ、産婦人科医療の向上に取り組んでいます。

具体的な活動としてはまず、集団検診や個別検診、さらに検診車で行われる婦人科系のがん検診を担当。さらに県内の産婦人科の医師向けに研修会などを開催して最新の情報を発信・共有し、医療の向上と均一化に努めています。また、小児科や内科など他の診療科の医師とも連携して、子宮頸がんなど婦人科の病気への関心を高めるよう社会に働きかけたり、学校現場に産婦人科の医師らが出向いて、積極的に性教育に関わる環境づくりも進めています。